内向型と外向型

は生まれつきのものらしい。生物学上、内向型が強いか外向型が強いかは決まっていて、社会の75パーセントは外向型が強いらしい。内向型は、自身の内なるものからやるべきことや行動を促されて、
外向型は、外からの刺激でやる気や行動を促される。

内向型の人は人とずっと一緒にいたり、大勢の人が集まる中にいると疲れるが、
外向型の人は刺激をもらえてやる気がでたりする。

正反対。

この社会は、外向型が多数を占めているので、どうしても考え方が外向型よりになっていて、引きこもってないで色んな人と話した方がいいとか、友達がいっぱいいるから安心とか、1人でいつも遊んでるからこの子大丈夫かしらとか。

でも、外向型にとってはプラスのことも内向型にとってはマイナスになったり、
内向型の人にとっては居心地よくても、外向型の人にとっては拷問になってしまったり。

そもそも自分が何の割合が強いのか知らなければ、自分自身にも自信がもてなくなったり、生きずらい世の中になるので、自分のことを知って、理解して、味方になってあげてほしいなと。
プカナラーイングリッシュでは、内向型も外向型も全ての人が自分らしく居心地よく過ごせるようにできたらなと思います。

無理して元気に明るくする必要もないし、喋りたくなければ喋らなくていいし、悲しい時は悲しい顔してればいいし。
そっと見守る。そんな居場所を作りたいと思います。
唯一の敵も味方も自分自身。

相手を認めて尊重することと同じくらい、自分自身のことも大切にできたらいいですね!

コメント

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。名前とメールアドレスが必須です。